2013年12月2日月曜日

始めよう!Go言語(インストール編)

みなさんこんにちは!

アドベントカレンダー2日目はNashioがお送りします.

今回は最近話題のGo言語についてです.

Go言語とは


Go言語 とは,Googleが発表したオープンソースのプログラミング言語で,
  • シンプルな言語
  • コンパイル・実行速度が早い
  • 安全性が高い
  • 同期処理が容易に行える
  • 何より楽しい
  • オープンソースである
などの特徴がGoogleによるとあるらしいです.

Go言語のインストール


ではGo言語をインストールしてみましょう.
インストール はこのあたりを参考にしました.

Mac OS X


Macの人はHomebrewでインストールしましょう!!(もちろん他の方法でもいいよ)
$ brew install go
これでインストールが完了します.

Linux


Linuxの人はtarballでインストールしましょう!!(もちろん他の方法でもいいry)
今回は64bit版をインストールしてみます.
$ wget http://go.googlecode.com/files/go1.2.linux-amd64.tar.gz
$ tar -C /usr/local -xzf go1.2.linux-amd64.tar.gz
$ echo "export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin" >> /etc/profile
$ source /etc/profile
これでインストールが完了します.

Windows


Windowsの人はMSI(試験中らしい)でインストールしましょう!!(もちろんry)
今回は64bit版をインストールしてみます.
ダウンロード からインストールしてください.
ダウンロードが終わりダブルクリック等をすると設定画面が始まります.
設定にしたがってインストールしましょう.
これでインストールが完了します.

実行してみよう


インストールが終わったら実際に動かしてみましょう!!
hello.goのようなファイルを作成し,以下の内容を記述しましょう.
package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}
作成が終わったら次のコマンドを実行してみましょう.
$ go run hello.go
hello, worldと表示されましたか?
表示されたらGo言語が使えるようになってます(やったね!)

おわりに


今回はGo言語のインストールを行いました.
次回は実際にGo言語でプログラムを書いてみたいと思います.
次回がアドベントカレンダー期間中に回ってこないことを祈っています.

0 件のコメント:

コメントを投稿