2013年7月3日水曜日

rubyのバージョンを管理する話

どうもB4のktaroです。

最近rubyの勉強を始めたのですが、バージョン云々で怒られたのでrbenvを利用してバージョン管理を行えるようにしました。
ということで、今回は「rubyのバージョン管理を簡単しよう!」という記事を書きたいと思います。

環境は、

OS:Mac OS X 10.8.4(Homebrew導入済み)

以上です。
Windowsは、Gitから引っ張ってきましょう。
Macを買いましょう。

まずは、Homebrewのアップデートします。アップデートは大事です。
#Homebrewのアップデート
brew update
次に、rbenvruby-buildをインストールします。
#rbenvのインストール
brew install rbenv

#ruby-buildのインストール
brew install ruby-build
次にパスを通します。今回はzshrcに書き込みます。
#zshrcへの書き込み
vi ~/.zshrc
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
source ~/.zshrc

#PATHが通っているかの確認
echo $PATH
以下のコマンドを入力してrbenvがインストールされているかも確認してください。
#rbenvのバージョン確認
rbenv -v
rbenvがインストールされているのがわかります。 次に、opensslreadlineをインストールします。この辺は説明は省きます。
#opensslのインストール
brew install openssl

#readlineのインストール
brew install readline
ここからやっとrubyのバージョンを切り替えるところに入ります。 前置きが長かったですね。 初めに、rbenvでインストールすることの出来る様々なバージョンを確認してください。
rbenv install -l
めちゃくちゃ長いので、途中までの画像です。 ここから今回は「1.9.3-p429」をインストールしたいと思います。
#指定したバージョンのインストール
rbenv install 1.9.3-p429
インストールが終了したら、以下のコマンドを実行してみてください。
#インストールされているバージョンの確認
rbenv versions
先ほどのバージョンがインストールされていることがわかります。 *マークがついているモノが現在反映されているバージョンです。 では、反映させます。
#反映
rbenv global 1.9.3-p429
rbenv rehash
これで、自分の好きなバージョンが管理できるようになりました! ここまで書きましたが、田胡研に入るとこの作業を一発で終わらせることのできるスクリプトがあります。 この作業を行うのがめんどくさければ、ぜひ田胡・柴田研究室へ!

1 件のコメント:

  1. Thanks For sharing this valuable information. if you like food this article is only for you guys.Whataburger Breakfast Menu 2022 Whataburger is an American privately owned, regional fast food restaurant.Whataburger’s is the the fast-food restaurant chain’s most popular breakfast dishes include the Taquito with Cheese, Honey Butter Chicken Biscuit, and Egg Sandwich.

    返信削除