2017年12月21日木曜日

リア充のクリスマスについて

あいさつ

こんにちは。リア充です。ありがとうございます。

今日は「皆さん」があまり知らないクリスマスデートについて、男性目線でお話します。
機会があれば役立ててください。


ぶっちゃけトークその1:イルミネーションはメインではない。

よくイルミネーションを見るため、クリスマスデートで東京駅とか行く人がいます。
しかしこれはやめたほうが良いです。

理由は3つあります。

1つ目の理由は「寒い」からです。

ふざけているように聞こえますが、大真面目です。
クリスマスは真冬のイベントです。それに加えてイルミネーションを見るのは夜なので、気温は5°以下になることもあります。
そんな中、イルミネーションを長時間見ることは危険です。


2つ目の理由は「疲れる」からです。

まず大前提として、クリスマスは満員電車に乗ります。
そして寒い中、歩いてイルミネーションまで行きます。
イルミネーションの周りは、大抵の場合、混んでいるので休むことはできません。
帰りには、また満員電車に乗ることになります。
体育会系カップルで無ければ、確実に疲れます。
疲れていたら楽しくないですし、ロマンチックのカケラも感じません。

3つ目の理由は「そうでもない」からです。

人によると思いますが、イルミネーションはすごい衝撃を受けるほど綺麗ではありません。
写真で見ると綺麗ですが、実際は、そこに人混みと色んな人の雑音がセットになっています。よくわからないキャッチにも捕まります。
あんまり良い雰囲気にはならないです。

考えなしにイルミネーションに行くのはやめましょう。

ぶっちゃけトークその2:クリスマスが成功するかは、レストランの予約で決まる。

クリスマスデートで最も重要です。むしろこれが全てと行っても過言ではない。
クリスマスを成功させる鍵は「レストランの予約」です。

「当日に空いている場所を探せばいいや〜」とか「ノリでいけるっしょ」とかすると、大抵の場合は痛い目を見ます。
クリスマスなのにあまり人が入っていないよくわからないお店で、ご飯を食べることになります。味や雰囲気はお察し。

逆にしっかりレストランの予約ができていると、クリスマスデートはほぼ成功します。
寒くて疲れていても、暖かい場所でゆっくりご飯を食べることで全回復。
「特別な人と」「特別な日に」「特別な場所で」「特別なご飯を」というような、女性の大好きな「特別」を実現できます。

なので、クリスマスデートのプランは早めに立てて、事前に「レストランの予約」をしましょう。

まあそうは言っても「皆さん」は「レストランの予約」とかしたことないからよくわからないと思います。
なので上級者リア充のこの僕が、クリスマスご飯の予約についてQ&Aでお話します。

Q1. いつまでに予約すれば良いの?

「高レベルリア充の僕」的には、2週間前くらいには予約しておかないとまずいですね〜。

Q2. 予約サイトは何を使えば良いの?

「短所がないことが短所の僕」のオススメは「OZmall」というサイトですね。
カップル向けのレストランが掲載されています。評価が高い場所はまず失敗しないです。

Q3. どのくらいの価格のものを予約すれば良いの?

「リア充の中のリア充の僕」の意見ですが、一人5000円以上、安くても一人4000円以上ってところです。良さげなコース料理が食べられます。
安くても一人4000以上のほうが良い理由は、一人3000円くらいで予約できる場所は飲み屋や居酒屋だからです。ご飯が美味しいわけでも、雰囲気が良いわけでもないです。
それならどちらかの家で、一人2000円くらいのケーキを食べたほうが良いですよ。

Q4. 場所は?

「小学5年生からバレンタインチョコをもらわなかった年はない僕」的には、池袋・新宿・渋谷らへんは注意したほうが良いです。
そこらへんは安いお店と高いお店の違いが比較的強いと思います。一人4,5000円くらいのお店に行くときは、よく調べたほうが良いです。
オススメは麻布十番です。一人5000円くらいで綺麗なお店が多いです。個室も多いですよ。

まあなんとなくわかってもらえたことでしょー
とりま、クリスマスはレストランを予約。


ぶっちゃけトークその3:クリスマスに「皆さん」が期待するようなことはできません。

彼女「今日は楽しかった!ありがとう!でも今日は帰りたくないな〜(チラッ)」
皆さん「フォー!!朝帰りだぜー!!」
とはなりません。

ないです。

それは僕たち上級者リア充が既に部屋を予約していて、「皆さん」の部屋がないからです。
残念ですね。

先ほどもお話したように、クリスマスは事前に予約しないとだめです。
本人たちが盛り上がっていても、部屋は満室です。
お互いの家に行くか、大人しく他の日にしましょう。


「上位互換リア充の僕」が考えるさいきょうの
クリスマスでぇーと

これまでのお話を通して、クリスマスの現状をお伝えしてきました。
ここでは現状を踏まえた上で、良い感じのクリスマスデートを教えます。

準備しよう

1. お互いの予定を確認しよう。

変にサプライズをしようとか思わないで、しっかり予定を確認しましょう。
でないと予約できません。(予約第一)

2. レストランを予約します。

「一人5000〜10000円」「完全個室」「コース」「来店時間17:30〜18:00」の条件で、レストランを予約します。
「一人5000〜10000円」「コース」は「特別」を実現するためです。
「完全個室」にする必要は、「コース料理でもマナーに気を取られないで良い」「二人で写真を取れる(女の子は自慢したい、思い出大好き)」「二人きりになれるから雰囲気が良い」という理由からです。
「来店時間17:30〜18:00」は、来店時間が早いと満員電車に乗らないで済むからです。大抵クリスマスの食事は2時間滞在なので、帰りも19:30〜20:00くらいになり、丁度よく帰れます。

3. プレゼントを買います。

よくクリスマスディナーがプレゼントとかいう人がいますが、クリスマスディナーはプレゼントではありません。別に用意します。

プレゼントは持ち運びできる小さなものにします。大きいと荷物になるからです。
腕時計・アクセサリー・手袋・マフラーなどです。

服とかぬいぐるみはやめましょう。
服は好みが別れるため、一緒に買ったほうが良いです。
ぬいぐるみがダメなのは感じ取ってください。(もう大人でしょ。)
→彼女はぬいぐるみが好きなんだ!
→ほとんどの場合、恋人からもらいたいとは思いません。翌日いきなり別れられ、あなたのあげたぬいぐるみはメルカリに。

あと流石に安物はやめましょう。ここでケチると台無しになります。
7,8000円以上のブランド品ぐらいは買いましょう。


4. 予約したレストランの近くで、イルミネーションがないか探しましょう。

イルミネーションはメインにはなりませんが、レストランの前のムード作りには最適です。
レストランに行く前に少しだけ見て行きましょう。

クリスマスデートしよう

1. 無難な格好をしよう。
レストランを予約した場合、変な格好をしてはいけません。
お互い場違いにならないように、無難な格好をしましょう。

男性は、チェスターコート・セーター・黒いパンツなどが良いです。
なるべくジーンズとかもやめたほうが良いです。


2. 彼女にあったらまず褒めよう。

ほとんどの場合、女性は気合いを入れているはずです。
気合いの入っている場所を見つけて褒めましょう。

大抵、髪か服です。たまにアクセサリーです。

ちなみにここで褒めるのを間違えると彼女は暴れ出します。
気をつけてください。


3. 疲れないように行動しよう。

張り切って歩き回ると夜までに疲れてしまいます。
なるべく多く休憩をとりましょう。
結構、重要なポイントですよ。


4. イルミネーションを見ながらレストランに向かいましょう。

これから個室でコースを食べるのです。ドヤ顔でレストランに向かいます。

5. ご飯を食べ終えたえらプレゼントを渡しましょう。

個室で二人きり、雰囲気が絶好調の時です。
素晴らしい1日にするため、最後にプレゼントを渡しましょう。

6. 家まで彼女を送りましょう。

夜遅いので、彼女を家まで送りましょう。
めんどくさくても駅前でお別れとかはなしです。台無しになっちゃいます。

お疲れ様です。
ここまでできたら「皆さん」も「上位互換リア充」です。

最後に

長文だったのにここまで読んでくれてありがとうございます。
クリスマスデートの基礎をお話しさせていただきました。
うざかったと思いますが、ここまで読んだのは絶対に無駄ではないです。
僕のお話を元に、ぜひ「皆さん」らしいクリスマスデートをしてください。
クリスマス楽しんでください!

2017年12月20日水曜日

Ansibleをやってみた

田胡研アドベントカレンダー20日目の記事です。

ブログ初投稿のB18 ryosk83です。
知識も文章力も皆無ですがお許しください。

今回はAnsibleをやってみました(触れるを通り越して舐めた程度ですが…)
Ansibleは夏季のインターンで扱ってもっと触りたいな〜って思ってやってみました。B18の人もやりたいって言ってる人が多くAnsibleブームですね。


Ansibleって何?

 Ansibleは多数のサーバやクラウドインフラを統一的に管理できる構成管理ツールです。
流行りのInfrastructure as codeってやつです。
インフラ構築、管理もコードで扱っていこうってやつです。

 AnsibleではPlaybookというYAML形式のテキストファイルに定型業務をタスクとして記述します。それを実行させることで様々な処理を行うことができます。
タスクはサーバの構成管理だけではなく、ネットワークやロードバランサー、クラウドインフラに対する制御を行うことができます。


Ansibleを使うとどう幸せ?
・手動オペレーションによるタイムロスの削減
・メンテナンス時におけるオペレーションミスの発生を低減させることができる
・運用後における手順の変更が反映されていないことによる作業漏れの低減
・直接ログインする機会を最小限にすることによるセキュリティの向上

長々と書いていてもあれなのでとりあえずやってみる…
今回はAnsibleの環境構築とslコマンドのインストールをしたいと思います。(時間が足りませんでした…お許しください…)

 Ansibleのインストール

 Centosの標準レポジトリにはAnsibleが含まれていないのでEPELレジストリを利用します。ってことで下記のコマンドを実行します。
#yum install epel-release

次に実際に下記のコマンドで
#yum install ansible
ansbleをインストールしていきます。

その他鍵の登録など諸々がありますが今回は省略させて頂きます…

Ansibleを使ってslコマンドのインストール
yumでslパッケージをインストールするためのplaybookはこんな感じです。









hosts:allでは/etc/ansible/hostsに記述した操作対象サーバに対して全て実行しますといった命令です。(今回は一つのサーバしかhostsに記述してないのでallにしてあります)
become: trueではsudoユーザとして実行します。
tasks:以下では実際にyumでslをインストールしています。
こんな感じのplaybookを下記のコマンドで実際に実行します。
#ansible-playbook sl.yml

ansibleを走らせたら実際対象サーバにログインを行い、slが実行できるか試してみます。
#sl
とやると下の画像のように無事slが走りました。











最後に…
今回はslコマンドをAnsibleで入れるだけのゴミ具合発揮しましたが本当はwordpessの環境構築、smtpサーバ構築のansibleで記事を書く予定でした。しかし若干ゴニョってしまい記事にすることができませんでした…お許しください…
完成し次第記事にしたいと思います!!!
次回からはしっかり記事を書いていきたいと思います。
ありがとうございました。

[参考サイト]
https://thinkit.co.jp/article/9445









2017年12月17日日曜日

mrubyやってみる

# mrubyやってみる

田胡研アドベントカレンダー17日目の記事です。
ブログ初投稿となります。B18のtachanです。
変なところがあれば教えてください。
本屋で技術誌を漁っていた時にたまたま目に付き、ちょうどrailsを触っていたのでどんなものか気になり調べてみました。
## mrubyとは
mrubyとは2012年にrubyの作成者[Matz](https://twitter.com/yukihiro_matz?lang=ja)が発表した省メモリ版のRubyです。
mrubyの作られた経緯は日経[ITPro](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120622/404824/)の記事で説明されており、内部設計は[IIJ](https://www.iij.ad.jp/company/development/tech/activities/mruby/index.html)の記事にまとめて記載されています。
現時点ではまだリリースされていません。[github](https://github.com/mruby/mruby/)で開発されています。
mrubyはC言語などのRuby以外のアプリケーションにも組み込みやすいという特徴があります。
例えば、大体のソフトが持っている設定ファイルをmrubyで作ることができます。mrubyで設定ファイルを実装することで、一般的な設定ファイルだけどプログラミングもできるという扱いやすい設定ファイルとしてアプリに組み込むことが出来ます。
mruby自体は単体でも使用可能ですが、ほとんどは他のアプリに組み込んで使います。
## なぜ省メモリ?
それはメソッドやクラスの少なさから最小限の機能で動作しているからです。
mrubyはそもそも組み込みを前提としたリアルタイム性を向上させるものです。
unix等のプラットフォームに依存しないように設計されているためファイルやネットワークなどのクラスが含まれていません。
## Rubygemsがない代わりにmrbgems
mrubyというRubyGemsのようなmrbgemsという仕組みがあります。
mrgbemsはRubyGemsと違い、`require`で読み込まずコンパイル時に読み込まれます。
`build_config.rb`に`config.gem`を設定すると、そのmrbgemsが本体と一緒にコンパイルされます。
## mrubyのビルド方法
今回はwindows8での導入となります。しかし、まだ私が導入できていないので、できているところまでの紹介となります。
参考にしたサイトは、[こちら](https://qiita.com/ko2a/items/b29acc616f67738465ea)
[Visual Studio 2017](https://www.visualstudio.com/ja/downloads/)をインストールします。 今回は個人で扱う場合は無償のものをインストールします。 インストーラからインストール後、スタートメニューにある「開発者コマンドプロンプト for VS2017」を使用しやすいようにタスクバーにピン留め(好み)しておきます.
次にrubyのインストールします。[公式サイト](http://rubyinstaller.org/downloads/)よりRuby Installerをインストールします。セットアップ後、rubyの環境変数のPathを設定します。
環境変数の設定方法は[こちら](http://next.matrix.jp/config-path-win7.html)
次にBisonのインストールを行います。Bisonとは構文生成プログラムです。
[公式サイト](http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/bison.htm)から「Complete package, except sources」をダウンロードします。
使えないと警告が出ますが許諾してインストールします。
デフォルトのインストールパスにスペースが含まれているためインストール先を参照しましょう。(今回はC:\tools直下にインストールしました)
インストールしたアプリのbinまでの環境変数Pathを設定します。
次にmrubyをビルドします。
上記で示したように[github](https://github.com/mruby/mruby)からソースコードをダウンロードします。
ダウンロードしたZIPを解凍し置きます。(今回はC:\src\mruby-masterに置きました)
先ほどピン留めしたコマンドプロンプトを起動します。
C:\src\mruby-masterに移動し`ruby .\minirake`を実行します。
エラーが出なければ`mruby -v`を実行しバージョンが表示されたらビルド成功です。
## 最後に
初投稿で拙い文章力と技術力の低さですみません。自分の計画性のなさを改めて実感したいい機会でした(いつも思ってる)
今回時間と私の力不足で導入が終わらず出来ませんでした。申し訳ありません。
もしできたら追記したいと思います。
もしrubyやwebアプリケーション、組み込みシステムに興味のある方はmruby是非使ってみてください!
明日は3年生のgreninjaさんです。ブラウザをJSでコントロールしてみるそうです。楽しみですね。

2017年12月13日水曜日

OpenPose

# OpenPose

研究の方がたしかヤバくなっているB17のLuuvaです。
研究で使っている(使っていないかもしれない)OpenPoseを折角なので紹介します。

## OpenPoseの導入
Githubはこちら、[CMU-Perceptual-Computing-Lab](https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose)

ビルドするにはちょっとCaffeとかPython2系列とか入れる必要があったので、
既にバイナリで公開しているWindowsのDEMO版を使います。
http://posefs1.perception.cs.cmu.edu/OpenPose/OpenPose_demo_1.0.1.zip

その前にOpenPoseを動作させるには最低GTX10XXのグラボが必要です。

## OpenPose DEMOの動作
解凍したらまずはモデルデータを落としてきます。
models/getModels.bat or sh を実行すれば落ちてきます。

あとは端末等で
bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi
とかで実行すれば動きます。

マニュアルならGithubに転がっているので参照してください。

## そもそもOpenPoseって
「DeepLearningを使った、単眼カメラでのスケルトン検出アルゴリズム」らしいです。
Webカメラを使ってリアルタイム(激重)で骨格データをjsonとかに吐き出してくれます。
現在取得できるデータは身体・手・顔の特徴点です。

## 研究の方
OpenPoseをそのまま動かすと激重なので、事前処理として動く物体を検知して、そのエリアだけ適応させる感じになっています。
結果としては毎フレーム0.03秒ぐらいですが早くなっています。
この勢いで学習データ無しで個人特定を行いたいとは思っています。

2017年12月7日木曜日

Google Maps API を使ってみた

Google Maps APIを使ってみた

アドベントカレンダー6日目の記事です。

あいさつ

こんにちは。初めてブログ書きまっする。何か変だったら教えてください。
ブログ書いている人が変なのは許してください。なんでもしますから。

Google Maps APIを使ったお

APIの種類は、Google Maps JavaScript API v3。
みんな大好きの地図API。
地図の表示・経路探索・マーカーの設置など、地図系のやりたいことがほとんどできるすごいやつ。
でも使ってみると意外と詰まる場所・よくわからん場所があった。(めちゃプログラミングできないマンの意見)
この記事では、そこらへんをご紹介する。

と思ったけど、ブログ書くの意外と大変だから「マーカーについて」だけ書くことにした。 まあ初めてだししょうがないよね。

Google Maps APIのマーカーとは?

マーカーの使い方は こ↑こ↓(マーカーのドキュメント) に書いてある。

ちなみにさっきから言ってるマーカーは下みたいなやつのことです。一応ね?
マーカーの例
で?マーカー使って何ができる?ってなりますよね。
私は「情報ウィンドウ」と「イベントの追加」を使ったので、お話ししますね。

マーカーの上に情報ウィンドウのお話

まず情報ウィンドウというのは、下みたいなやつのことを言います。
情報ウィンドウの例
マーカーに情報ウィンドウを設定することで、説明文っぽいのが出せます。

これを見るとええやん!使えそう!ってなるじゃないですか〜?
実際使うと結構難しいです。理由は情報ウィンドウのデザインのしにくさです。

情報ウィンドウのデザインですが、htmlタグを文字列で渡すことで行います。
やばい匂いがプンプンするぜ!
実際に試す のサンプルコードより抜粋
情報ウィンドウのサンプルコード
なんか緑色ばかりでよくわからないっすね。
実際書いてる途中で何がなんだかわからなくなる。

結論... 情報ウィンドウは一言説明をするために使おう。

イベントの追加のお話

情報ウィンドウの追加でも使っていたように、addListenerでmarkerにアクションを追加できる。
addEventListenerではないよ!
こっちは使い勝手がすごく良いので使ってくださいな

終わり

すみません。今回はもう勘弁してください。
次はもっとちゃんと書くよ。
今日は閉廷します。ドドンッ!